瀬尾の世の中浪漫紀行

瀬尾の恥ずかしい駄文をくすくす皆様が覗くBlog

昭和元禄落語心中を見た話

こんにちは瀬尾です。

年末もそこそこに差し掛かると風情ある興に足を運びたくなるのが都に生まれた性。というわけでそんな僕があしげく通ったAmazon VIDEOの寄席。そこにあったのが

昭和元禄落語心中である。

落語会昭和最後の重鎮と言われた有楽亭 八雲の色恋塗れ清濁併せ呑んだ噺家人生と戦後の落語会を描いた作品のアニメ版。

ストーリーは随所に落語調混じりに話が進み、実際に落語をする場面では落語家の自信や不安、演技や汗などといった描写が細かく表現されていて声優の名演も相まって非常にレベルの高いアニメだったと思う。

有楽亭八雲役を演じた石田彰さんは青年期の菊比古から晩年の八代目八雲までさらには落語中の女型男型多種多様な演技をされていてあっぱれ。

ストーリーは一期が八雲こと菊比古が落語と生涯の友である助六と出会い、噺家人生を歩み始めそして転落するまでの話になっています。二期は八代目八雲となった菊比古とその弟子である与太郎(後の三代目助六)の話。八雲が落語会を、落語を終わらせる為に昭和最後の重鎮として後世に落語を残すまいと落語と心中しようとし、最後に残った気まぐれ一番弟子の与太郎助六の娘小夏達によって諭され静かに死んでゆくまでのお話になっております。

一期の見所

若手落語家として、そして色恋の葛藤。友情、恋愛、落語、戦争。そんな時代と噺家について回るストーリーが見所です。(それって全部やん)とくに後半菊比古と助六が二人で話す野晒し助六最後の落語芝浜この2つはとても素晴らしかったと思います。

よそう、夢になるといけねぇ、、

二期の見所

与太郎のヤクザの親分への啖呵。落語家として言いたい文句は落語に込める、と言いたげな与太郎の啖呵は見ていてとても清々しいものです。『商売道具を出されちゃ何もいえねぇ。おまえ、いい噺家になったな。』

もう1つは八雲の誰も見ていない死神この2つがとても印象に残りました。死神は八雲の得意話として度々登場するのですが、死神を話すたびに八雲は死に近づいていってしまいます。(結果的に死後の世界の話とか本当に死神がいるとかいうオカルト展開になるんですがそれはそれでご愛嬌)

とにかくこの落語心中というストーリーは寄席に行きたくなる+煙草が吸いたくなる

最近のアニメでは喫煙シーンがカットされがちですがタバコがとてもいい哀愁を感じさせるんですよね。 そんな落語心中での一言

『最近の若え噺家は煙管の吸いかたも知らなくなっちまった』

なんですって?煙管?わかりました。吸いましょう

落語心中に影響を受けて煙管を始めた

煙管800円刻みタバコ360円

や、安い。刻みタバコが30〜40回吸えるので普通のタバコに比べて格段に安い。 刻みタバコは燃焼促進剤も入っておらず、タバコの匂いの原因であるこれと紙の燃える匂いが無いのでそんなに臭いがつかないし、味もタバコの葉本来の味があってする。紙巻きたばこのシャグも吸える。種類が豊富。

いいとこ尽くしです。なによりも詰めかたやその日の天候によって味が少し変わってくるのも風情がありますし。煙管の手入れをちゃんとしないといけないというのもまた愛着が湧く点だと思います。

いろんなことで手間をかけるというのが最近は少なくなってきていますが、タバコを吸っているみなさんもこの機会に煙管を購入して吸ってみてください。結構乙ですよ。

ちなみに瀬尾は喫煙可のお店で煙管を吸う時みんなに見られてわりといい気分です。(自己顕示欲の塊なので。)

着物を着て、寄席にいって、煙管をぷかぁっとする。そんなシチュエーションが大好きになった瀬尾でした。

全員悪者?『アウトレイジ最終章』雑感

こんにちは瀬尾です。

最近ゲームのブログばかり更新してて映画のブログ書いてないなーと思ったので先日見たアウトレイジ最終章の雑感でも綴っていこうと思います。

お決まりのフレーズですが

ここから先はネタバレを含みますのでご注意ください

『アウトレイジ 最終章』大ヒット暴走中!

総評

アウトレイジの3作目としては少し面白味に欠けた内容でした。やはり1と2はたけし映画の暴力を目一杯に表現していましたし、関西のヤクザの内輪揉めの話が本筋で普通のvシネと変わらないやんと思いました。主役であるビートたけし扮する大友も目立つシーンは後半だけでぶち殺すぞこのやろう!がお腹いっぱい見たかった人は残念かもしれません。

最終章は最終章と銘打たれているようにアウトレイジというストーリー、もとい大友というヤクザのヤクザ人生をちゃんと終わらせる為に描いた作品だったと思います。大友ヤクザ人生補完劇とでも言いましょうか。そういった点でみるとラストのシーンで大友が自分の頭を拳銃でぶち抜いたときは****『あぁ、やっぱりか』と思いました。魅力的なキャラクターばかりが出るアウトレイジシリーズですが最終章でそこまで登場シーンが多くなくてもやっぱり大友が主人公なんだなと思いました。

ソナチネを思い出す

随所でソナチネを彷彿とさせるシーンがあって、花菱の幹部出所祝いを襲撃するシーンのマシンガンを乱射する姿とか顔や最後の自決するシーンなど。今思えばソナチネの村川もアウトレイジの大友も自分の組織に裏切られて復讐を果たし自決するという共通点を持っていたのであえて同じような演技にしたのかもしれません。

塩見三省さんと西田敏行さん

アウトレイジで花菱会の中田役を演じた塩見三省さんは2の時の迫力のある関西ヤクザの演技で『怖かった』と見た人に恐怖を植えつけていました。そんな塩見三省さんは脳出血でしばらく入院してされていて最終章では体格も声もやせ細ってしまっていました。それでも中田というヤクザを演じ切り、前作同様の口上で啖呵を切っていた塩見三省さんにあっぱれ

https://www.oricon.co.jp/news/2097773/amp/塩見三省、4年ぶりに公の場 脳出血から復帰し『アウトレイジ』新作出演「最高の時間でした」 | ORICON NEWS

西田敏行さんも前回よりマットな迫力があったと思います。余談ですけどおんなじ時期に公開していたナミヤ雑貨店の奇蹟にも出演されていて、こんなにも違う人に見えるのか、と驚かされました。演技力ぱねぇ

アウトレイジ最終章は単一映画としてみると普通のvシネでアウトレイジシリーズとしてみると少し物足りなさがあるけれど3作を通して大友の人生を描いている大事な最後。って感じですかね。

ちなみに最終章でもだいたい全員悪者でした。

改めて考えるドラクエⅪ成功の秘訣

こんにちは瀬尾です。

発売から役三ヶ月が経過した ドラゴンクエスト過ぎ去りし時を求めて

発売直後くらいから面白い!最高!眠れない!と各方面から良レビューの嵐だったこの作品の成功した理由を探っていこうと思う。あの時が過ぎ去った今まさに

変わらない『ドラゴンクエスト

ドラゴンクエストは1の頃から大まかなシステムは変わっていない。それは成長の無いように思えるが11作目まで続いた有名タイトルともなればご存知!ドラゴンクエストである!と言わんばかりの説得力になる。今回の作品も変わった部分も多いものの基本的には同じ構造で出来ている。ドラゴンクエストと比肩する某有名RPGは幾度となく意欲作を繰り出して来たがマザーシップタイトルにおける意欲作は諸刃の剣であり、現行のタイトルはまじんぎりの如くユーザーにダメージを与えてしまった。変わらない美味しさ日清チキンラーメンみたいなクオリティが古参ユーザーに響いたに違いない。

魔王討伐なんてお手軽さ

ドラゴンクエストⅪははっきり言って難易度は決して高くない。難易度の低いゲームは時としてぬるゲーなるレッテルを貼られがちだがドラゴンクエストに関しては少し違った。実際瀬尾はそこまでプレイする時間が無かったのだが一日1時間とやれば確実にストーリーは進んでいたのである。過去作品なんてやたらめったら強いボスが登場して足止めをくらったり夕飯前にプレイする→ダンジョンが魔窟過ぎて出れない→夕飯できたわよー→セーブ出来ない→怒られる→やむ終えず後日に改めて挑戦する。といった状況に陥ることもあった。(夕方RPG事変)

限られた時間でもサクサク進む=間延びしない=俺!ドラクエやってるじゃん!というプレイ意欲を無くさない現象が起こる。これは古参ユーザーはもちろんのこと始めてドラゴンクエストをプレイする人にもぴったりな難易度である。

推理欲を掻き立てられる『これってもしかして感』

踏み込んだ話になるがドラクエⅪは過去作品の設定が所々に散りばめられている。『これってもしかしてあれじゃないの?』とファンなら無意識に予想してしまう。これも最後までプレイした大きな要因である。ここでのネタバレは伏せて置くがドラクエファンでまだドラクエⅪをプレイしていない人は是非プレイすることをお勧めする。最後のムービーがえらいことになっている

まとめ

なんだかんだドラゴンクエストは古参ユーザーがとても多い。過去作品と比べて批判したり、ゲームをする時間が限られているのに難しくて全然進めなくてやめたなどということが無いようにユーザーを引きつけて飽きさせない努力に全てを尽くした事が成功の秘訣だろう。 一方過去の作品で思い出になることといえばストーリーもさることながら鬼畜だったボス魔窟過ぎるダンジョンが多いと思う。ドラクエⅪにはそんな足止めを食らった思い出がないのでそういう意味では良作品ではあったが思い出は残らない軽い作品だったと思う。そこはストーリーで補っているのだが。結局は昔の思い出に勝つのはすこぶる難しいわけでそんな過去作品があったから今がある。そしてそんな過去作品に恥じないように良ゲーと言わしめたドラクエⅪは大成功だったに違いない。

ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 公式サイト | SQUARE ENIX

VRゴーグルを買った話

こんにちは瀬尾です。

ついに瀬尾もVRゴーグルを購入してしまいました。

スマホを中に入れて見れるというすごいアナログなゴーグル。最新のアナログガジェットという矛盾が瀬尾の心を引き立てます。

YouTubeではVRに対応した動画がいくつも掲載されていて、そりゃVRといえばホラーしかないでしょ!とホラー動画を視聴することに


【360°VRホラー映像作品】「ヒトリアルキ」【茨大2016菅谷ゼミ・プロジェクトB班】

なめてましたVR、、、怖すぎる。 前に進んで行くけど後ろから物音がして振り返ると、、、ぎゃあああああ!!

VRゴーグルなくても体験出来るので是非、、、

やっぱりVRはホラーだなと改めて痛感しました。ホラー映画大好きですけどお化け屋敷とか死ぬほど苦手な瀬尾にとっては超戦慄迷宮なんて行かなくてもこのゴーグルとYouTubeさえあれば超戦慄です。

だっててめえの判断で見るんですから振り返れない恐怖とか実際に体験しないと出来ませんもの。そんな時に肩とか叩かれたら失神しますって。はい。

そんなわけでVRゴーグルホラーデビューは親父に息子が変な機械を頭につけておかしくなったと思わせる感じで幕を閉じたのですが

よし!兼ねてからVRゴーグルを購入してからやろうと思っていたスマホゲーをやろうと思いました。

ストラステラ

巨乳とロボットという吐くほど捨てられたテーマに巨乳じゃなくても胸踊るソーシャルゲーム

このゲームにはVRモードが搭載されていて ロボットの操縦士である女の子(ピクシー)達とキャッキャウフフ出来るという神システム。

神さまありがとう。

こんな感じで(服装はストーリー上仕方がなかったんです。本当です。)

女の子の体を舐め回すように見れます。

というかそれが全てです。

本当に触れそうな立体感は流石VR 画面の向こうの彼女に会える時代が来たか!としみじみ思いました。

次元を超えて貴方に会いに行く

まさにこれだ。

画面操作も視点を動かすと出てくるボタンを見つめると押せる。あと女の子の身体を凝視するとその部分が触れる。

しかし

3分もみているととてつもない喪失感に襲われて僕はゴーグルを外しました。

何をやっているんだ俺は

ちなみに人形とかでもありますけどスカートの中のパンツを覗いた瞬間気持ちが冷めてしまうのはなんなんでしょうか。

やっぱり見えない美学っていうのが大事ですよね。スカートの中身は遠い理想郷のままでいた方がいいのかもしれません。

まぁVRはさておきシュミレーションRPG好きな方はプレイされてはいかがでしょうか? ロボットは普通にカッコいいです。 あと巨乳じゃない娘もちゃんといます。よかったですね。

StraStella(ストステ) 公式サイト

ともかくVRという新しい文明の一端をたった1000円で体験できたのは十分良かったと言えるのでは無いでしょうか。

これからも進化して行くVRに益々期待出来そうです。

あとDMMでVR対応のAVでも買おうかと思います。きっと後悔するでしょう。それでも進まなくてはいけない道があるんです。

レビューはしないんで皆さんも購入してください。僕一人だけに寂しい思いをさせないで

パクるとオマージュの境界線

こんにちは瀬尾です。

今回もソシャゲから端を発するお話です。 FGOで行われているイベント剣豪七番勝負が山田風太郎氏の魔界転生をパクっている論争です。

パクリ派とオマージュ派に別れてTwitter内では激しい争いが繰り広げられています。パクリ派に至ってはしかるべきところに問い合わせをするまで激化している模様です。

そこで純粋に思ったのですがパクリとオマージュの境界線は一体どこなのだろうと。似ている言葉を調べて比べてみることにしました。

ここではとりあえずパクると言う単語はあくまで単語として使用しようと思います。悪意なしで。

オマージュ

オマージュ(仏: hommage)は、芸術や文学において、尊敬する作家や作品に影響を受けて、似たような作品を創作する事を指す用語である。(Wikipediaより)

亡くなられた芸術家や文豪の作品をパクった時に使われると思います。生きている人でもパクったとしてもオリジナルの偉業は到底越せない意味も尊敬に含まれていると感じます。

パロディ

パロディ(英語: parody、ギリシア語: παρωδια)は、現代の慣用においては他の芸術作品を揶揄や風刺、批判する目的を持って模倣した作品、あるいはその手法のことを指す。(Wikipediaより)

こちらは悪意を込めて使われるパクるに1番近いと思う。要は小馬鹿にしているような意味合いだろう。しかしそれは悪い意味だけでなく笑いのエッセンスとして使われる事もしばしば見受けられる。

インスパイア

インスパイア(英: inspire)インスピレーションの動詞形。「インスパイアされる」:芸術分野において、尊敬する作家や作品に触発され、同じテーマに基づいて作品を創作すること。(Wikipediaより)

こちらは明確にパクるというよりはテーマをパクる。雰囲気をパクるといったような感じ。影響を受けると同義だと思う。

比べてみるとどれも完全悪の意味合いはあまり無い。パロディが1番近いが批判目的よりもあくまでも剽軽に使われることの方が多い。そうなると悪意のあるパクリはこれらとは全くの違う意味だと思った。そこでパクリも調べてみることにする。

パクリ

ぱくりとは、大きな口をあけてものを食べるさまを示す言葉。転じて盗むという意味にも用いられている。動詞形ではぱくるとなり以下のような意味を持つ。

そう盗むだ。パクるとはオリジナルを盗むことによって利潤を得る事だと思う。有名作品を盗んで発表すれば盗作と呼ばれる。

つまりパクるとオマージュ達の境界線は盗まれて得をされたかどうかであろう。

それらを踏まえて今回の事件を考えてみるとやはりオマージュなのだろうなと思う。山田風太郎先生は偉大である。そんな先生の尊敬の意味が込められているのだろう。魔界転生のストーリーをパクって超課金を促しているようには感じられないからだ。

まぁ僕は叩かれたり炎上したりするのがとても怖いので詳しく言及することはやめておきます。笑

珍しく読んでる人の為になったブログだったかもしれない(コピペしただけだけど。)

しかしながら親の仇のようにパクった!と言っている人は山田風太郎先生の大ファンで義憤に駆られたのかもしれない。それならば仕方ない。それ以外の人はFGO運営が嫌いな狂人ユーザーに違いない。

是非聖人の思考をパクって心安らかになってもらいたいものだ。

ソシャゲと生きる僕ら

こんにちは瀬尾です。

先日知人のとあるソシャゲのデータが吹き飛んだという訃報を耳にした。

なぜならばそれは今までかけた時間の努力とお金が水泡に帰したからである。積み上げたものが全くのゼロになったのだ。

知人はしばらく放心状態ののち『もういいんだ』の言葉を最後にソシャゲ引退を宣言した。

さっさと運営に復旧を依頼すればよかったのだが唐突に訪れた絶望に全ての思考を持っていかれてしまったのかもしれない。

さて、そんな不幸な事件は石を投げればソシャゲ民に当たると言われている現在の日本ならば誰にでもあり得る事件だ。ソシャゲをやっていない人の方が少ないのでは無いだろうか。それくらい朝の電車の中では眠っている間に溜まりに溜まったスタミナ(別称もあるだろうが)消費に勤しまれている。

歯磨きと同じくらい日常生活に溶け込んでしまっているソシャゲもデータが吹き飛ぶもしくはサービスが終了すると上記のように消えて無くなってしまう。

ソシャゲをやっていない人からすれば

『そらみたことか、そんなものに時間を費やしているなんて馬鹿げている。課金なんて以ての外だ。死ぬまでやるわけでも無いだろう。いつか終わりがくるもんなんだ。』

ちょっと待ってくれ。

『やがて失うものに意味がないのなら、あなたの命もまた無意味でしょう』

パンプキンシザーズ 第3巻より抜粋

そう、僕たちは生きているのだ。ソシャゲと共に生きているのだ。その生をやがてくる死を無価値なものと決めつけないでくれ。

ソシャゲで得た経験が人生には何の役にも立たないかもしれない。 それでもUR二宮飛鳥を手に入れた時の高揚は今でも心に刻まれているのだ

ソシャゲは恋人に似ている。 システム、イラスト、ストーリーに惚れ込み色んな思い出を作り。お金も少しはかかる。しかしいつか別れる時が来てしまう。

思い出をありがとう。こんな言葉は恋人以外に使うのはソシャゲくらいだ。

そして、また違うソシャゲに出会うのだ。

現在瀬尾がやっているのはシャドバとFGOとタガタメとクラフィだ。(恋人理論でいうと完全に四股ではないか。)シャドバ以外は最近めっきりログインしなくなったが久しぶりにログインすると『帰って来てくれてありがとう!』とまで言われるソシャゲもある。ごめんなと小さく呟いてしまうこともある。(恋人というより都合の良い愛人みたいですね。)

どれもしっかり課金しているのでサービス終了して欲しくないし、11月に機種変更する際には是非引き継ぎをしたいと思っている。

そういえばラブライブスクフェスはあれだけ課金したのに無感情でゲームを削除したことがある。

恋人と似ているというのは言い過ぎた。

そんな風に無感情で別れてはいけないよ。

そんなわけでソシャゲと生きる僕らを尊ぶ為と知人のお悔やみの為にブログを書いてみたが執筆中に知人はFGOを始めて

『マシュちゃん可愛杉内!!』

とか言うてる。

モンスターハンターワールド発売記念blog

こんにちは瀬尾です。

僕が中高生の頃に一世を風靡したゲームといえばベスト10に間違いなく入るのがカプコンから発売されたモンスターハンターであろう。

元来狩猟本能を有する人間は

『一狩りいこうぜ!』

の一言に飲まれるがままにモンスターハンターの世界にひきづりこまれるのは必定で、1つの武器や防具を作り上げるために何度も狩に出向き作業ゲーとまで言われる発掘や採取という時間と結果のダメージトレードを長時間行う事でさらに抜け出せぬモンハンサーガに住み着く事になってしまう。

狩猟本能

肉食動物の持つ、動く物を獲物と認識して襲う本能のこと。

ピクシブ百科事典より抜粋)

獲物という事は食欲から起こる本能であるがモンスターハンターの世界ではモンスターを狩るべく新たな武器&防具制作欲を満たすために行われる。

そして新たな武器&防具が手に入った時そこで待っているのは新たなモンスターである。

まさにモンスタースパイラル

モンハンフリークまでもいかない瀬尾でさえ、今までプレイしたモンハン全ての作品の総時間は3000時間を超えている。

3000時間というと125日である。一年の3/1を捧げてきたのである。改めて数字を見て

『まだそんなにやってないな』

と思った僕の思考は狩猟本能のなすがままに狩られてしまったに違いない。

  • 友人と協力プレイ

人間の本能をくすぐるカプコンの手口は狩猟本能だけにとどまらない。人間は群れで生きる生き物である。それを逆手に取り協力プレイなるものを用意してくれた。

モンハンで共に戦い共に笑い共に傷つき共にファーファーンの音を聞いた仲間は自分の背中を預ける戦友となる。それはリア友だろうとネットの仲間だろうと関係ない。むしろリア友出ない方が妄想力が働くのでより一層現実から逸脱できるのだが。

ちなみに孤高のハンターという肩書きもまた響きはいいのだが、所詮誰かに見られていて初めて俺は孤高だかっこいいだろ感が出るのでオンライン集会所で誰とも徒党を組まない孤高のハンターは友達の少ない人である。本物の孤高のハンターは棺桶に入るまで誰の目にも触れられる事は無いのだ。

モンハンスパイラルと協力プレイによって脳をハンター脳にされた全国の狩人達が待ちわびているのが2018年1/18に発売されるMonsterhunterWORLDである。

今までとは一線を画してシームレスなオープンワールドにする事によってモンハンの世界感にどっぷり浸れる事は間違いなし。

新たなアクションも追加されてさらに画面の中の自分は自分の思うままに動けるようになる。

余談だが体に電気コードみたいなのをつけてVRで実際に自分が動いてやるゲームがビットサミットで紹介されていたが、モンハンみたいなのが出たら人間は電子の海から帰ってこれないと思う。そして間違いなくそれは作られると思う。

  • モンハン現象

きっとMonsterhunterWORLDが発売されたら日本になんらかの影響が出ると思う。前述した通りモンハンは凄まじく時間のかかるゲームでありモンハン世代と呼ばれる僕たちはもう既に社会人になってしまった。

限られた時間をモンハンに費やし現実世界をおろそかにする人々は決して少なくは無い。

消費者の消費が減り増えていくのはDLCにかかる料金だけとはなんとも悲しい事かな。

しかし僕たちは抜け出すことが出来ない。狩猟本能のままに。

だって僕たちはハンターなのだから。